Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

hopefortohoku_2014Dec_2.jpg

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

ボンビーCOCOん家のBeaujolais Nouveau 2011

2011/11/24
みなさん、こんにちは!

ワイン選びでは何を置いてもコスパ優先のCOCOでございます。
ウチの場合は夫婦2人そろって大酒呑み。おウチ呑みとは言え、酒代はきっちり2人分、フツーの(?)ご家庭に比べたら確実にエンゲル係数ぶっちぎりである。

と、言う訳で新カテゴリのこの”Wine List”は高級なワインの記録では決してない。あくまでCOCOん家の個人的感想を綴る「チープながらもなかなかやりおるのお、おぬし」的ワインの日記です。あしからず。

さてさてそんな貧乏人ワイン日記、栄えある第1回めの記事はとんでもなくワロタ”Beaujolais Nouveau”。

ワイン好きではありますが、Beaujolais Nouveauにはあまり関心がない私共、「あんなん、ただのお祭りやん(何故関西弁?)」とどこ吹く風。ってかボンビーな我らのヒガミもあってか、Beaujolais Nouveauのコスパ自体に少なからず疑問をもっておるのでございますよ。

ところが先日、これまたお世辞にもsophisticatedとは言えないCOCOの旦那(アメリカ人)がにやにやしながら買って帰ってきたのがこれ。

6028_Beaujolais Nouveau in a plastic bottle

何やら笑いをこらえながら

「イクラトおもいマッスカ~?」

と旦那。「うーん、よっぽど安かったに違いないね。\1,000くらい?」と答えると鼻の穴を膨らませて
「チッガウモ~ン!ハッピャクえ~ん」と得意そう。

「えー嘘安い!」とボトルを手に取ってみると

「ん???」何か変・・・。

画像からお分かり頂けるであろうか、何とこれ

プラスチックのボトルなのである。

驚くCOCOに旦那曰く、「だってBeaujolais Nouveauって新酒でしょ?このまま熟成させる訳じゃないんだからプラスチックだって構わないじゃん」

フランス人が聞いたら卒倒しそうなお言葉ではあるが、「確かにその通り!間違いない」と思わず膝をたたいたCOCOでございます。ま、とりあえずデキャンタして呑んでみたら、

「むむ、悪くないじゃん」


特売のチープなブリーとバゲッドにベストマッチ。

「若輩ながらやりおるの、オヌシ(-_☆)」

「プラスチックボトルに一本取られた」


などと言いつつ楽しい晩酌の夕べとなった訳でございます。

「給料安め」「エンゲル係数高め」の、いかにも我が家らしい貧乏ワイン日記、第一回目はこんなところでいかがでしょ~。

ランキングに参加しています。おもしろいっ!と思って頂けたら、
↓下のバナーをポチッとクリック、どうぞよろしお願いしますm(_ _)m
携帯からご覧の方は画像の下の「レシピブログランキング♪」「BlogMURA」の文字をクリックして下さい!

レシピブログランキング♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト
07:49 貧乏ワイン日記■Wine List | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
はっぴゃくえーん?
それは安い。
そしてお味がちゃんと大丈夫なら全然、プラスチックだろうと紙パックだろうと(笑)、OKですよねっ。
こっちだとワイン、それこそ日本円で500円とかで買えるけど、日本は高いですよね。
同じく酒飲みの我が家はワインクラブに入ってて、毎月、箱でワイン買ってます。
Animaさま
超おひさでございます!

そうなんす、日本ではワインは高いですよね。これでも一昔前よりは安くなったんですけどね。
(_;_lll);
ちなみに友人によると今年のボージョレーの最安値は690円らしいです。負けた~!

> 同じく酒飲みの我が家はワインクラブに入ってて、毎月、箱でワイン買ってます。

よいなあ、我が家もはいろうかしら、ワインクラブ。。。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。