Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

hopefortohoku_2014Dec_2.jpg

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

フィリピン「お袋の味」☆チキンアドボ

2011/09/07
みなさん、こんにちは!

朝夕は幾分涼しく感じられるようになり、夏の間あまりの暑さにバテ気味だった鉢植えの花たちも何とか元気を取り戻しました。
これから秋まで頑張って咲いてくれると良いなあ。

さて本日はフィリピン料理、チキンアドボ、料理上手と評判のフィリピンママさんに教えてもらったレシピです。
フィリピンの代表的な家庭の味で、鶏肉や豚肉をしょう油や酢をベースにした煮込み料理。もともと スペイン料理のアドバード(肉の漬け焼き)を起源としているとか。各家庭で作り方や分量の配合が異なるようで、言うなればフィリピン版「おふくろの味」でしょうか。

 5858_ チキンアドボ

初めての挑戦!レシピと共に頂いたフィリピンのおしょう油を使って作りました。
一般的な濃い口醤油よりほんのり甘く、塩気が少なめ。
長崎に旅行したときにお刺身と共に出てきたおしょう油の味と似ているような気が。

0162_フィリピン醤油

                 教えていただいた作り方は正真正銘本場のレシピですが、COCOは自分流にアレンジ♬
      さすが白米好きの国から来たお料理。とにかくウマウマ!!ご飯がススム\(^0^)/!
友人はこれでご飯3杯イッてました。


<材料>
鶏もも肉600g
ニンニク2片
玉ねぎ(大)1個
オリーブオイル大さじ1
黒胡椒の実10粒ほど
大さじ3
フィリピン醤油大さじ3
ローリエ2~3枚
はちみつ小さじ1(黒砂糖でもGOOD!)

<作り方>
(1)鶏肉を大きめのぶつ切りにする(本来は骨付き肉を使います)。沸騰したお湯で湯通しして余分な脂肪をのぞき、氷水に取っていったん冷まします。玉ねぎは薄くスライスする。ニンニクはみじん切り。黒胡椒の実は綿棒の先などで潰して。

(2)残りの材料をすべて鍋に入れて良く混ぜ味を馴染ませ、30分~1時間ほど放置します。ひたひたの水を注ぎ入れて中火にかけ、煮立ってきたらアクを取り除く。紙ぶたをして煮汁が1/3くらいになるまで弱火でコトコト煮る。

*鶏肉を湯通しするのはCOCOのアイディアです。お酢を使うので、冷ましちゃっても仕上がりは柔らか♬
*日本の濃い口醤油を使用する際は少々量を減らし、ハチミツを気持ち多めにして下さい。
*ハチミツは沖縄産黒砂糖に代えると更に美味しいそうです。

次回は生姜も入れてみようかな?

どんぶりご飯にのっけガッツリいただいて下さい!
アメリカ人の旦那も絶賛のフィリピン・ソウルフード、
ぜひぜひお試しあれ~!!

↓楽天で見つけました^^。




ランキングに参加しています。美味しいそうっ!と思って頂けたら、
↓下のバナーをポチッとクリック、どうぞよろしお願いしますm(_ _)m
携帯からご覧の方は画像の下の「レシピブログランキング♪」「BlogMURA」の文字をクリックして下さい!

レシピブログランキング♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
08:52 肉料理■ Meat | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。